炊飯ジャーの活用法

冷蔵庫、ストーブ(ガス/電気コンロ)等は所属先で用意してもらえることが多いと思いますが、その他の家電は、帰国する隊員や専門家から譲ってもらうか、自分で用意していると思います。予算の都合上、幾つかの家電は諦めざるを得ない状況で、自分は電子レンジを諦めました。

その代わり、炊飯ジャーである程度代用できたので、ご紹介します。

夕飯の残りを朝や昼に食べることが多いのですが、炊飯ジャーのご飯の上に、肉や野菜等のおかずを一緒に乗せて保温しておけば、翌日も美味しく食べられます。

とある隊員が持ってきれくれた料理も、レンジのようにすぐ温めることはできませんが、15-20分保温炊飯ジャーに入れて保温状態にしておけば、温かく召し上がれます。

botswanachie

コメントを残す